はじめての方へ

脱毛サロン・クリニックのコラム

脱毛サロン別口コミ

ミュゼ
銀座カラー
エピレ
エステティックTBC体験談
脱毛ラボ
Jエステ
エルセーヌ
キレイモ
リンリン
シースリー
アリシアクリニック
湘南美容外科
リゼ
レジーナ

地域別脱毛口コミ

北海道・東北地方
関東地方
東京
北信越地方
東海地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

脱毛サロン口コミ件数ランキング

ケノンの効果とは?脱毛サロンより力が弱いの?


まず最初に体験した証明となる写真を見せてください。

ケノンの効果とは?脱毛サロンより力が弱いの?

ケノンの効果とは?脱毛サロンより力が弱いの?

私が最初に脱毛ケアでお金をかけたのはケノン
ケノンがあれば、それ以上お金を出す必要はないかなと思ったのがきっかけです。


ケノンの効果とは?脱毛サロンより力が弱いの?


ただ、実際に購入してわかったことは結構何回もやらないと効果が出ないし、弱や中の設定だと大して効果が出ないことがわかりました。

そこでケノンと脱毛サロンの効果について比較してみました。

ケノンはレベル10が普通?

ケノンには照射のレベルがあって、1から10までで設定できます。
10に近づくほど強くなるので、最初全くやったことない人は1や2からやるのが良いかと思います。

ただ、ケノンをやったことがある人ならわかると思いますが、「10以外でやる意味あるの?」というのが正直な感想。


ケノンの効果なし?


もちろん人によってデリケートな肌で痛みや赤みを感じやすい人もいると思うんですけど、私のように特に肌への影響がない人は、「とにかくムダ毛に効果が出て欲しい」という考えしかありません。

そうなると必然的にレベルは10。
レベル10でやっていても肌へのトラブルは出ないので、10以外に設定してやることはないです。

ちなみに、ケノンのマックスであるレベル10でやっても、脱毛サロンの機械よりは照射の力が弱いらしいです。
だいたい脱毛サロンの半分となる20ジュール。
ジュールというのは電子量や熱量を表す単位で使われます。


ケノンのジュール


やっぱり家庭用なのでトラブルがないぐらいの設定にしかできないらしいんですよ。
エステサロンで使っている機械はやっぱり専門家が使っているだけあって、家の脱毛機とは照射能力が違います。

ただ別に脱毛サロンほどの効果がないからといって、意味が無いのかと言ったらそんなこともないですよ。
私は腕の脱毛によくケノンを使うんですけど、下記の写真の感じで特に毛穴が目立ったり、赤みが目立つということもないです。

上の写真がケノン施術後腕全体で、下がアップの写真です。


ビフォー施術後腕全体 ケノン


アフター施術後腕全体 ケノン


こんな感じで肌トラブルは起きていないです。
必ずしもエステティシャンじゃなきゃダメということはないです。

ケノンはカートリッジが複数出ていて、体の部位によって施術範囲を変えられます。
ただエクストララージと呼ばれる一番施術範囲が広いやつを使っても、脱毛サロンの機械よりはやっぱり一回り小さいのかなという感じがしました。

おそらく全身脱毛を仮に自宅でやるのとサロンでやるのでは、終了までの時間が違うと思います。(まぁ、自分で全身脱毛はそもそもできないけど・・)

施術範囲が狭いと、それだけ何回も肌にあてなきゃいけないので、ケノンのほうが時間が掛かります。

やってみた感想としては、「照射範囲が狭いから、時間あるときじゃないと無理。これだと足だけでも30分以上掛かりそう」ということ。


照射範囲が狭い ケノン


まぁ、時間は掛かるんですけど、効果はそれなりにちゃんと出るので、脱毛サロンを経験していない人がやったら普通に「効果が出るじゃん!と感じると思います。

私は今でも腕や足ではケノンでやっているので、効果を否定するつもりは全然ないです。
ただ、脱毛サロンを経験しちゃうと、楽だし、他の人にやってもらった方が丁寧で綺麗に仕上がるのかなと思いました。

自宅用脱毛器と脱毛サロンの使い分け

私は自宅用脱毛機と脱毛サロンで、どちらか片方にこだわる必要はないかなと感じています。
例えば脇だったら自分でやるよりミュゼに行ってやってもらっちゃった方が絶対いいです。

だってミュゼなら脇が数百円でできるし、しかも脱毛し放題。


自宅用脱毛器と脱毛サロンの使い分け


自分で脱毛機でやる場合、脇はちょっと手こずる場所だし、カートリッジの消耗もあるので、ミュゼで数百円でやった方が安いです。

逆に腕や足など自分でできる部分は自宅用の脱毛器でやったほうがいいかも。
お金を出せる人だったら脱毛サロンでもいいと思いますが、安いミュゼでも例えば足のふくらはぎ6回を契約したら、それだけで2万円近くします。

結構高いし、6回という回数が永久に効果をもたらしてくれるわけではないので、微妙です。
数年後にまた生えてきちゃうと考えれば、その2万円も無駄なような気がします。

それだったら家で何回でも満足できるまでできる、ケノンでやったほうがいいかなと私は思いました。

ただ、自宅用脱毛機の弱点は、「自分でできない部位があること」


自分でできない部位がある ケノン


例えば、襟足や背中は絶対無理ですし、デリケートゾーンも自分でやる場合には結構大変です。
Vラインはできても、Oラインは無理ですね。

特に体の背面はやりたくてもできないので、そこは脱毛サロンに任すしかなさそうです。
とりあえず自宅用の脱毛器で自分が何回目ぐらいから効果が出るのか、何かやればほとんどムダ毛が生えてこなくなるのかを把握することから始めるのがいいかなと思います。

そうすれば、脱毛サロンで回数による契約をする時も、何回ぐらいが自分に合っているのか判断がつくので。

エステティシャンに相談しても結局は推定の回数しか言ってくれないので、自分が果たして何回やればいいかなんて、やってみるまで分からないことです。


エステティシャンに相談 何回やればいいか


それだったら自分が身をもって体験して、自分のムダ毛は何回やればツルツルになるのか、理解することから始めるのがいいかなと思いました。

ただ、ケノンも何気に高いですよね。
本体だけで7万円して、カートリッジも追加で買う場合は1万円近くしちゃうので。

それだったら割り切って、最初から脱毛し放題の脱毛サロンに行くのも一つの手段かなと思います。
ちなみに私はミュゼ以外に銀座カラーも行ってます。
銀座カラーのいいところは部位を指定して脱毛し放題が受けられること。

単体で6回などと契約すると他の脱毛サロンのほうが数千円から数万円安いです。
でも脱毛し放題で契約しちゃえば、何回通っても良いので1回あたりの料金を考えると悪くないかなと思います。


脱毛サロンのほうが安い


例えば襟足ならSパーツに該当するので、そんなに高くありません。
脱毛し放題で契約しても2万7000円程度で済みました。

これなら仮に20回も通えば、1回あたり1350円まで下がります。
全身脱毛とかだと数十万円かかって大変ですけど、ちょっとした部位を脱毛し放題するなら、銀座カラーはけっこうおすすめじゃないかなと思います。

この記事内で紹介されている脱毛サロン
銀座カラー
ミュゼプラチナム

この記事内で紹介されている脱毛器


体験談を一覧で見たい方はこちら

銀座カラーのお得な予約方法について

今月はどのプランが安い?銀座カラーのキャンペーンをチェック!

銀座カラー

ミュゼプラチナムのお得な予約方法について

今月はどのプランが安い?ミュゼプラチナムのキャンペーンをチェック!

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム「両わき+Vライン美容脱毛完了コース」は2018年12月で終了

ケノンの購入について

脱毛器「ケノン」の公式サイトはコチラからチェック!

ケノン