はじめての方へ

脱毛サロン・クリニックのコラム

脱毛サロン別口コミ

ミュゼ
銀座カラー
エピレ
エステティックTBC体験談
脱毛ラボ
Jエステ
エルセーヌ
キレイモ
リンリン
シースリー
アリシアクリニック
湘南美容外科
リゼ
レジーナ

地域別脱毛口コミ

北海道・東北地方
関東地方
東京
北信越地方
東海地方
近畿地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

脱毛サロン口コミ件数ランキング

ミュゼのキャンペーン価格のからくりとは?【2019年5月更新】


ミュゼを体験した証明となる写真を見せて下さい

ミュゼのキャンペーン価格のからくりとは?

ミュゼのキャンペーン価格のからくりとは?

ミュゼでは驚くようなキャンペーン価格を展開しています。
いままでこんなものがありました。

・脇+Vライン完了コース+選べる2ヶ所400円
・膝下+肘下+背中360円
・全身12箇所からお好きな4ヶ所 1ヶ所100円均一

こういったキャンペーンが実施されてきました。
これらは脇とVラインに関しては何回もできるのですが、その他の部位に関しては初回(1回)のみの値段

2回目からはお金がかかるというキャンペーンです。


ミュゼのキャンペーン価格のからくりとは


1回だけやって辞めるという人のほうが少ないですから、結果的には「初回分だけ激安になる」という感覚ですね。

腕とか背中がキャンペーン対象になっていれば分かるのですが、たまに脇だけとか、Vラインだけみたいなキャンペーンを実施している時期もありました。

例えば、脇100円。

「絶対にそんなんじゃ儲けてないでしょ?」みたいな設定になっていて、ちょっと意味がわからないですよね。 しかし、ミュゼはそれでもちゃんと儲けが出ているんですよ。
具体的にどんな仕組みになっているのか見ていきましょう。

ミュゼが売り上げを伸ばすからくりとは

まずはこちらの表をご覧ください。
こちらはミュゼの契約獲得推移です。


ミュゼが売り上げを伸ばすからくり


濃いオレンジが新規契約者で、薄いオレンジ色が追加の契約者です。

ご覧のようにほとんど半分ぐらいの比率になっています。
つまり2人に1人ぐらいの割合で、1度契約すれば、追加契約する人もいるということです。

追加契約の人はさすがにキャンペーン価格を再度利用することができませんので、通常の価格での契約になります。

仮に最初の契約は脇だけで100円だったとしても、追加契約で腕の施術をして3万円から5万円ほどの契約額になれば、結果的に売り上げが伸びることになります。

頑としてキャンペーン価格だけしかやらないと決めている人も確かにいるんですけど、実際に体験してみて、施術が気に入って追加でやりたくなる人って意外と多いということです。


ミュゼのキャンペーン価格 体験


そもそも、脱毛サロンって物を売るのとは違いますよね。
脇の施術希望者が増えたとしても、施術スタッフの労力はかかりますが、なにか減るということはありません。

ですから、とにかく契約者を増やして、それに伴い追加契約者が増えれば、それだけ売り上げ増につながるということです。

インパクトのある値段設定は宣伝効果がある

そしてもう一つの理由は、極端な価格を打ち出すことでインパクトを与え、宣伝効果を与えるということです。
「脱毛サロンに来てください!」と、ただ単に広告を打つよりも、「脇が100円でできる」と設定されている方が興味を引く人が多いかと思います。


ミュゼ 脇が100円でできる


特に最近はインスタやTwitterなどのSNSが流行っていますので、何かブームになれば一発で火がつきます。
相変わらずテレビCMや街中のポスターなどにも力を入れているんですけど、お金をかけずにインパクトを与えるには、驚きの価格を一つ用意した方がよっぽど費用対効果が良いわけです。

もうちょっとわかりやすく説明すると、例えばテレビCMに1億円を投資したとします。
それでお客さんが増えて売り上げが伸びたとしても、売上も1億円だったら結局儲けは出ません。

しかし、テレビCMを流さず、「脇100円!」という口コミだけが広がってお客さんが増えて売り上げが1億円になったら、1億円丸儲けです。


ミュゼ 脇100円


テレビCMに投資するお金がかかっていませんからね。
このように何かお客さんの話題になるようなものを提供するとお客さんも食いつきますから、変に投資をしなくても結果的には売り上げが伸びるということです

キャンペーン価格に罠はあるのか?

ミュゼが打ち出しているキャンペーン価格に罠はありません
冒頭紹介したように「初回だけ安い」という解釈をしてけば、それ以上間違えることはないでしょう。

ただ、ミュゼ側にも思惑があるので、そのあたり詳しく紹介しましょう


ミュゼ キャンペーン価格 罠


例えば、脇100円。

これは2019年5月時点では、もはやキャンペーン価格ではなく正規の料金として提供されています。
しかし、それまでは数年間、キャンペーン価格として脇100円が提供されていました。

脇100円なんて絶対に売り上げが伸びるわけないでしょ、と思います。

実際にこれだけしか契約しないのであれば、お店側は全然儲かりません(笑)
ただ、罠ではありませんが、ミュゼもミュゼなりに考えがあります。
それは下記のような考えです。

1、100円で契約してもらう
2、施術が終わりに近づいたら追加契約を検討してもらう
3、ミュゼ会員になってもらってコスメなどの商品を紹介する
4、ミュゼ会員になってもらってメルマガを送り、追加契約の機会をうかがう
5、ミュゼ会員になってもらって割引チケットやクーポンを配り、追加契約の機会をうかがう


ミュゼ キャンペーン価格 追加契約


このように店側にも思惑があって、会員になってもらったらお客さんとコンタクトをとる機会が増えてきます。
そうすると、お客さんもついつい「それだったら追加でやろうかな」、「安いならローション買おうかな」という考えになったりします。

これが最終的に売上に繋がるというわけです。

めちゃくちゃ安いキャンペーン価格の意図は、

・とりあえず来てもらう
・お客さんの情報(メールアドレスなど)をゲットする
・お客さんと常にコンタクトを取れる関係性を築きたい

という考えがあるからなんです。
これでキャンペーン価格が安い理由が分かったかと思います。


ミュゼ キャンペーン価格が安い理由


やっぱりお店側からしてみれば、お客さんが来てもらわないと始まらないんです
最初は売り上げにつながらなくても長期的にみて、そのお客さんが売り上げに貢献する可能性があると考えています。

実際、ミュゼって安いの?

いくつかの脱毛サロンと比較検討すると、ミュゼは明らかに安い部類だと思います。
ただ、全身脱毛に関してはキレイモのほうが安いかなという感じ。


ミュゼは明らかに安い


単一部位でやろうとするなら大手脱毛サロンの中でかなり安いです。

近年はキャンペーンを頻繁に行っているので、どれが定価なのか分からないような状況が続いているのですが、例えばLパーツ(比較的施術範囲が広い部分のこと)は、1回あたり最安値だと4000円切るぐらいの値段で契約できます。

これはデイプランと呼ばれる平日限定の料金です。(平日12時から18時の時間内のみ)
Lパーツが1回あたり4000円を切ってくる脱毛サロンって少ないです。


ミュゼ Lパーツが1回あたり4000円


他の脱毛サロンでも契約回数によっては4000円切るケースもあるのですが、さすがに20回、30回契約するとお金もかかっちゃいますからね。

現実的な10回前後で1回当たりの単価が4000円切るところでいうと、ミュゼは候補筆頭かなと思います。

この記事内で紹介されている脱毛サロン


体験談を一覧で見たい方はこちら

ミュゼプラチナムのお得な予約方法について

今月はどのプランが安い?ミュゼプラチナムのキャンペーンをチェック!

ミュゼプラチナム