ミュゼ以外だとどこが良い?ミュゼは解約したので・・・

ミュゼ以外だとどこが良い?ミュゼは解約したので・・・


まず最初に体験した証明となる写真を見せてください。

ミュゼ以外だとどこが良い?ミュゼは解約したので・・・

ミュゼ以外だとどこが良い?銀座カラーかTBCか、それともJエステ?

2015年8月下旬にミュゼが倒産するなんてニュースが出て、最初は半信半疑だったんですけど、なんかそのニュースを見ていたらすごいリアリティがあって、経営破綻が現実に起こるかもしれないなと思い、解約手続きに踏み切りました。

もともとミュゼは気に入っていて、こういったことがなければ最後まで通うつもりだったんですけど、さすがに倒産してお金が返ってこないなんてことになったら嫌なので、早めに行動をとりました。

多分大丈夫でしょ」なんて思っていて、命取りになったら嫌なので・・・。
私の場合、フリープランがあと3回分残っていて、価格にすると1万4000円ぐらいなので他の人の高額契約に比べれば、まだ安いと思うんですけど、1万4000円でも返ってこない状況になったら嫌だと思い、返金してもらいました。


ミュゼ以外だとどこが良い?


返金手続きはすぐに済んで、特に引き止められるような感じもなかったのでなんだか店員さんに悪いなと、後ろ髪を引かれる思いで解約してきました。

もう少し様子を見て倒産しなければ、また通いたいと思える脱毛サロンでしたが、ちょっと心配なのでとりあえずは早めに手を打っておきました。

そうなるとミュゼ以外でどこか脱毛サロンでいいところがないかな、という気持ちに切り替わりました。
私は自宅で脱毛できるケノンも持っているんですけど、やっぱり照射する力が全然違います。

肌のきめ細かさとか綺麗になる感じは脱毛サロンの機械にはかなわないので、やっぱりエステサロンにも行って脱毛したいなという気持ちが消えませんでした。

とはいえ、またこのような倒産危機に直面したら嫌なので、今回はかなり詳しく脱毛サロンについて比較しました。

私が今回、最も重要視したのは信頼度
脱毛の技術的にはレーザー脱毛を取り入れている病院とか美容整形外科がいいと思うんですけど、さすがにそこまでいっちゃうと料金が高すぎる。。。

気軽な感じで行けなくなっちゃうので、やっぱり脱毛サロンの中でどこかいいところがないかなと思っていろいろ調べてみました。

エステサロンの運営年数を比較してみた

まず単純に運営年数が長いところがいいかなと思いました。


エステサロンの運営年数


最近できたところよりも、創業してから何年も運営しているところの方のほうが潰れないなと思ったからです。

有名なところを比較してみると、

・TBCが38年
・Jエステが36年
・銀座カラーが22年
・エピレが4年

上記のようになっています。
エピレの運営年数は短いですが、エピレ自体はTBCのグループ会社なのである程度安心感はあるのかなと思います。

ちなみにミュゼは13年目なので、ミュゼよりみんな運営期間が長いということになります。
ミュゼは長くて人気があるのかと思っていましたが、意外とミュゼより長いところっていっぱいあるんですね。

エステサロンの店舗数を比較してみた

そして次に店舗数を比較してみました。


エステサロンの店舗数


こちらも有名なところを比較してみると、

・TBCが157店舗
・Jエステが104店舗
・エピレが37店舗
・銀座カラーが36店舗

と続いています。
単純に店舗数が多いところだとTBCがリードしている感じですが、ミュゼも190店舗ぐらいあるので店舗数が多いから安心という考え方は違うのかもしれませんね。

ただ店舗数が多い方が通いやすいというのはあるかもしれません。
その分お客さんが分散して色々な所に通えるので。ちなみに私の住んでいる横浜は全部のエステサロンあるのでどこを選んでも問題なさそうな感じでした。

この時点では私の中でTBCが一番いいのかなという感じがしました。
創業年数も長いですし、店舗数も多いです。

エステサロンの値段を比較してみた

次に値段について調べてみました。


脇の料金 比較


まず最初は脇の料金

サロン名値段(キャンペーン)回数無制限
Jエステ2.500円(100円)12回×
エピレ3,000円(250円)-
エステティックTBC3,000円(500円)-
銀座カラー13,000円(-)6回×


一番安かったのはJエステでした。
ミュゼと同じように100円でやっています。ただミュゼと違い、最大で12回まで。

ミュゼのように無制限ではないので、その点では違いがありますね。
ただ無制限にしてしまうと結局、ミュゼのように予約が取れないなんて事態が生まれてしまうので、12回ぐらいがちょうど良いのかも。

そして次に安かったのがエピレ。
エピレは250円で無制限となっていました。ミュゼと同じように無制限なので魅力的ですね。でもそれがきっかけで、今後混んでしまったりしないのかなと逆に不安な部分もあります。

TBCは500円で無制限。
そして、ちょっと高くなるのが銀座カラー。銀座カラーは1万3000円で6回です。銀座カラーは脇の料金はキャンペーンで設定していないのでこれだけ高くなっちゃうみたいですね。

次にLパーツの料金を比較してみました。


Lパーツの料金 比較


サロン名部位回数値段(キャンペーン)
Jエステ(例)ひざ下6回24,000円
銀座カラー(例)ひざ下6回26,000円
エピレ(例)ひざ下6回26,400円
エステティックTBC(例)ひざ下6回26,400円


検証して、一番安かったのはJエステ。6回で2万4000円。
次に安かったのが銀座カラー。6回で2万6000円です。

その次がエピレとTBCで6回で2万6400円でした。
この検証結果ではほとんど似たような料金設定になっていましたが、Jエステがちょっとだけ安いという感じでした。

そして最後に全身脱毛の料金も比較してみました。


全身脱毛の料金 比較


サロン名箇所回数値段(キャンペーン)
銀座カラー22箇所6回108,900円
Jエステ自由*6回(仮)135,000円
エピレ30箇所6回176,100円
エステティックTBC30箇所6回176,100円


一番安かったのは銀座カラー。22箇所6回で10万8900円です。

その次がJエステ。
Jエステはちょっと特殊で4回9万円からとなっています。ただ6回分で換算するとは13万5000円ですね。

エピレとエステティックTBCは30箇所で6回17万6100円です。

全身脱毛では銀座カラーが一番安いということがわかりました。

エステサロンの運営実績やトラブルを比較してみた

そして最後に過去の運営実績やトラブルについて調べてみました。
私はこの段階では値段が比較的安く、創業年数も長く、店舗数も多いTBCに行こうかなと思っていました。ただ過去の経営面でちょっと気になる要素があったので私の考えはそれで変わってしまいました。

TBCの過去について調べていると、気になる要素を見つけてしまいました。
平成26年1月30日に関東経済産業局から行政処分を受けていたんです。


TBC行政処分


平成26年ですから、2014年ということでわずか1年前です。
経済産業省の機関から指摘が入っていたので気になる要素だなと思いました。具体的にどんな行政処分を受けたかというと迷惑勧誘をしたというもの。

その時の様子が記事になっていたんですけど、すごい生々しい勧誘があったみたいでTBCはちょっと怖い脱毛サロンなのかなという印象がついてしまいました・・・。


TBC 迷惑勧誘


4時間も勧誘ってやばすぎですよね・・・。
1時間でも勧誘ばかりのカウンセリングだと、かなり憂鬱になるのに4時間というのはちょっと異常な感じです。

もちろん今は指摘を受けて改善されたと思いますけど、もともとはこういうスタイルで営業していたんだろうなと思うと、ちょっと怖くて行く気が起きませんね。

今までよりは勧誘が減ってはいるんだろうけど、それでもカウンセリング中に結構そういうトークがあるんだろうなと思うと行く気がしません。

そうなると候補はJエステ。
Jエステも近くに数店舗あるので、通えるかなと思っていました。

しかし、過去を調べているとこんなニュースが・・・。


Jエステ 所得隠し


これは2008年に所得隠しが判明した時の記事です。
ザ・フォウルビというのは、Jエステを運営している会社の名前です。架空の取引を計上して所得隠しをして摘発されたという過去があったんです。

今ではその分を支払ったので問題ないとされているんですけど、やっぱりお金のトラブルにはちょっと敏感になっているところもあるんで、ミュゼみたいな事があったらイヤだなと思い、Jエステの評価が個人的には下がってしまいました。

そうなると、後の候補は銀座カラー。


銀座カラー トラブル


銀座カラーの過去も調べてみましたけど、お金のトラブルや対応のトラブルはなかったので、一番良さそうな感じがします。

だけど脇だけをやりたいという人には安くないので、向いていないと思いますけどね。
ただ腕とか足の脱毛をやりたい人には価格的にもだいたい相場ぐらいなので、悪くないのかなという印象を持ちました。

全身脱毛に関してはむしろ銀座カラーは安い方ですからね。
さすがに私はそこまでやるつもりはないのですが。

ということで最終的には銀座カラーを選択して行くことにしました。やっぱりトラブルがあるのは避けたいので。

銀座カラーの場合、前受金(お客さんと契約してまだ施術していない預かっているお金)を売上げとして計上せずに運営しているので健全な運営をしていそうだなというのも、安心感がある要素の一つです。

【株】エム・シーネットワークスジャパン(銀座カラー)4月期決算

項目2014年2013年2012年
売上高5,172,6384,658,8273,582,285
総資産3,331,5762,685,8911,867,300
前受金2,752,4772,260,4851,532,294
売上比率53.21%48.52%42.77%


年々売上が伸びていて、売上比率も50%前後なので、しっかりと前受金を分けて計上している様子。
1年間の売り上げが50億円を超えているということで、エステサロンの中でも売り上げは上々といった感じです。

これなら潰れずに済むんじゃないかなと思いました。

銀座カラーの口コミについて

最終的には、銀座カラーに行こうという決心をしました。
ただ行く前に念のため口コミも見ておこうかなと思い、どういった雰囲気のエステサロンなのかチェックしてみました。


銀座カラーの口コミ


ミュゼと大きな違いはなさそうですけど、やっぱりカウンセリング時の勧誘はミュゼよりはあるっぽい感じ・・・。

TBCほどしつこくなさそうだけど、それなりにプランやコースの説明をしてくる感じはありそうなので、多少覚悟して行った方がいいのかなという感じですね。

ただ、勧誘がひどすぎてトラブルになったというほどの口コミはなかったので、それぐらいだったらまあしょうがないかなと思っています。

ちなみに、銀座カラーのカウンセリングは待合室と同じ場所。
だから他のお客さんとかもいるので、そんなに声を荒げるような勧誘というのはないんじゃないかな思います。

その他の要素でちょっと魅力的に感じられたのが脱毛後の保湿対応。


銀座カラーの保湿


ミュゼの場合は単純に冷却シートを患部に当てて冷やすだけなんですけど、銀座カラーの場合は霧状のミストで患部を機械で冷やしていきます。

なんだかいかにもエステという感じでやってみたいなと思いました。
寝ている間に保湿されて毛穴が引き締まるんだとか。こっちの方がちょっとミュゼよりお金がかかっていそうな感じなのでその点では楽しみです。

あともう一つ気になる要素は予約が取れるのかどうか。
これは銀座カラーは明らかにミュゼより空いているという情報が多いです。

というかミュゼがちょっと混みすぎなとこもあるんですけどね・・・。
ミュゼは一度キャンセルしてしまったら直前の1、2週間では予約が取れず、また2、3ヶ月空いてしまうんですよ。だからキャンセルできないというプレッシャーが半端ないです。

デリケートゾーンの脱毛をやっている人は、生理の兼ね合いでタイミングが合わないと何年かかっても終わらないなんてことになりかねません。


銀座カラーの予約


その点、銀座カラーの場合は比較的直前でもいくつか予約が空いているので、何ヶ月も先の予約になってしまうというリスクはなさそうです。

この記事内で紹介されている脱毛サロン


体験談を一覧で見たい方はこちら

銀座カラーのお得な予約方法について

今月はどのプランが安い?銀座カラーのキャンペーンをチェック!

銀座カラー