ミュゼ倒産の真実とは?債務整理手段の中では軽いほう?

ミュゼ倒産の真実とは?債務整理手段の中では軽いほう?


まず最初に体験した証明となる写真を見せてください。

ミュゼ倒産の真実とは?債務整理手段の中では軽いほう?

ミュゼ倒産の真実とは?債務整理手段の中では軽いほう?

ミュゼの社長、高橋仁氏が2015年の10月6日に記者会見を開いて任意整理に入っていると説明しました。

その説明の中で銀行団との返済計画を来年3月までに同意したいと話しています。

同意したいと話しているだけだから、実際にはまだどうなるかわからない状況ですね。
任意整理は債務整理の中で1番軽いものなので、借金額としてはまだそこまで重くない債務整理状況をなんでしょう。


ミュゼプラチナム借金額


今は銀行団と債権者(ミュゼ)で交渉して返還期限を延ばしてもらったり、遅延損害金など無くしてもらうような交渉を進めていると思われます。

ここでポイントとなるのが来年2016年3月までに銀行団と交渉して和解したいと伝えていること。
ミュゼの売り上げがちゃんと伸びてい、てある程度返済の目処がたてば任意整理が認められるんじゃないかなと思います。

そうなれば倒産になることはないでしょう。
ちなみに任意整理はだいたい3年から5年をめどに返済するということで合意するケースが多いらしいです。

ミュゼが今後5年ぐらい安定的に収入があると判断される必要がありますね。
そこで気になるのが銀行団がエステサロンの任意整理を認めるかどうかです。

基本的に中小企業など小さい会社は借主に対して金利をカットして任意整理に同意することがないみたいです。
ただし大企業で任意整理を認めないと社会的影響が大きいと判断したときは任意整理が認められることもあるようです。

また債務者との取引経験が短いと信用が得られず任意整理を断られてしまうケースがあります。
ミュゼを運営しているジンコーポレーションの取引銀行である常陽銀行 足利銀行、三菱東京UFJ銀行、東邦銀行、七十七銀行などと長い取引実績があれば任意整理に応じてくれる可能性もありそうですけどね。


ミュゼプラチナム取引銀行


はっきり言ってミュゼが倒産するかどうかは、ミュゼの末端の社員やスタッフはもちろんのこと、おそらく幹部ですら想像つかないんじゃないかなと思います。

解約が増えればそれだけ収入も減ります。
そうなると銀行団に返せる額も減ってしまうので、ミュゼはお客さんの加入数が減るというのは相当な痛手になるはずです。

あまり事を大きくしないで解約数を減らしたいというのがミュゼの本音だと思います。
2016年3月までという期限が設けられているのは、ひょっとしたら銀行団の方から、「2016年3月までミュゼの売上を見させてくれ」と言われているのかもしれませんね。

そこで返せそうだなと判断されたら、任意整理が認められるのではないかと想定しています。
でも逆に来年の3月までに交渉が成立せず任意整理が認められないとなったときは、かなりヤバイ事態に発展するかもしれませんね。

今の流れだと2016年の3月が山場になりそうな感じですね。

この記事内で紹介されている脱毛サロン


体験談を一覧で見たい方はこちら

ミュゼプラチナムのお得な予約方法について

今月はどのプランが安い?ミュゼプラチナムのキャンペーンをチェック!

ミュゼプラチナム