保湿が優れている脱毛サロンってどこ?

保湿が優れている脱毛サロンってどこ?


まず最初に体験した証明となる写真を見せてください。

保湿が優れている脱毛サロンってどこ?

保湿が優れている脱毛サロンってどこ?

私はいくつかの脱毛サロンで保湿していただいた経験があるので、それぞれの違いを理解しています。

保湿の仕方によって継続的な効果が見込めそうと感じたり、毛穴の引き締め具合が違うように感じます。
脱毛サロンごとの特徴を紹介します!


保湿が優れている脱毛サロンってどこ?


ミュゼプラチナムの場合

施術後、ジェルをしっかり拭き取って冷却パッドで肌を冷やしていきます。
冷却パットは保冷剤みたいなもので肌に当てて冷やします。
その後、ミルクローションを肌にまんべんなく塗ってケアしていく流れです。

そのミルクローションはプラセンタエキスが配合されているらしく、きめ細かな肌を作るのに適したローションだそうです。

ミュゼのようなフラッシュ脱毛は熱処理で脱毛していくので、毛穴付近が高温になって放置していると赤みや火傷が出てしまう可能性があります。


ミュゼプラチナムの保湿


それを防ぐためジェルを塗って、しかもそのあと保湿をするんですね。
店員さん曰く、「ミュゼで扱っているミルクローションは毛穴に詰まって汚れの原因や黒ずみの原因にならないので、肌の透明感を保つのに適していますよ」とおすすめしてきました。

まあいろんな脱毛サロンでそれぞれアピールしてくるので、取り立ててここに惹かれたという感じでもないんですけど、単純に肌を冷やしてしっとりする感じはあるので、良いと思いました。

でも買うかと言われたら、別に買おうと思わないなって感じですけどね。
普通に普段使っているローションでも大丈夫そうな感じです。


ミュゼプラチナムの保湿ローション


ただ、施術自体は別に肌に熱を持つ感じも無く、いい感じです。
念のため保湿しているという感じですね。
安全性の高そうな機械だと思います。


銀座カラーの場合

銀座カラーで取り扱っているマシンはこの脱毛サロンオリジナルの「美肌潤美」という保湿機械です。

送風口からミスト状の霧が勢いよく出ていて、それを肌に浸透させていく感じです。

ちょっと言葉では伝えにくいので、実際に保湿機を当てている動画があったので紹介します。



こんな感じで照射前と照射後に肌へ保湿していきます。
加湿器のようなほわっとした霧というより、ジェット的な感じの霧ですね。

機械で肌に保湿した後に店員さんがなじませるようにぽんぽんと肌に浸透させていきます。
部位を絞って当てていく感じなので、結構時間がかかります

2回もやるのでやっぱり有料になってしまうのも致し方ないところ。
料金表を見てもらうとわかりますが、保湿有りと無しでは結構料金が違っちゃうんですよ。


銀座カラー 保湿有り料金表


銀座カラー 保湿無し料金表


気持ちいいのでお勧めですけど、高いのでそこは自分の予算と決めてみてください。
ちなみに保湿の機械を使わなくても、簡易的な保湿はしてくれるので大丈夫です。
その場合は追加料金などは発生しません。


Jエステの場合

Jエステはミュゼや銀座カラーとはちょっと施術が違います。
機械自体が冷却作用をも兼ね備えているので、照射前にジェルを塗らないんですよ。


Jエステの保湿


一つ工程が省かれるので施術時間も短いのがメリットです。
照射中も冷たくて気持ちいいのはいいんですけど、時期によっては長時間照射させられると、かえって冷たくて体が冷えてしまう感じ。

私は単一の部位でしかJエステを利用したことがないんですけど、全身脱毛の人もこの機械を使うので結構冷たさに耐えるのが大変かなと思いました。

照射後は機械とは別に、冷却パックを使って体を冷やします。
でもミュゼとか銀座カラーみたいに熱をそれほど持つわけではないので、あっさりとした感じですね。

そして最後に保湿クリームもやってくれるので、若干お手入れが他の脱毛サロンと違いました。


Jエステの保湿 保湿クリーム


そしてもう一つ、言い忘れたんですけど、施術時に「肌の水分量チェック」というのをやってくれます。
これが結構厄介で、この数値が低いと化粧水とかを勧めてきます。

私も測ってもらったら30%とかで、「これはかなり低いですね」と言われ、保湿クリームや化粧水のお勧めを受けてしまいました。

その対応がちょっと嫌かも。

お手入れ後に自分で保湿する場合にオススメの脱毛サロンはどこ?

サロンで脱毛してもらったスベスベの肌は、その後の手入れしがいがありますね。
大手のサロンではオリジナルコスメも開発・販売しています。


自分で保湿する場合


サロンの会員でなくても購入できるものもあります。
全部魅力的ですが、ここではそれらの一部をご紹介します。

ミュゼ・プラチナムは【ミュゼコスメ】

ミュゼ・プラチナムが自社開発した「ミュゼコスメ」のシリーズは、ラインナップが豊富です。
その内容は、ミルクローション(3種)の他に、UVブロックやホワイトニング、さらにボディーソープやボディスクラブ、そしてムダ毛の自己処理後にオススメのスムーストリートメントジェルなど盛りだくさん。


ミュゼコスメ


さらに、2016年12月には、「MC PL スキンケアシリーズ」として、新たに4種のコスメが加わりました。
内容は、「MCプラセンタエキスEX100」など、こちらも使ってみたくなる魅力的な製品です。

楽天やアマゾンでも一部が販売されていますが、全てが揃うのはミュゼ・プラチナムのショッピングサイトのみのようです。
でも、ミュゼ・プラチナムのショッピングサイトは会員専用。

しかも、他で買うよりも会員価格でグッとお安いです。
会員でなくても買える範囲で、自宅でのスキンケアに使ってみたいですね。

ミュゼの待合室にテスターが置いてあって、自由に使うことができます。
でもあんまり小さい店舗だと置いていないかも。

その場で使用した感想はもっちり感は正直あんまり感じなかったけど、べたつかない感じで使いやすかったです。

銀座カラーは【美肌潤美】

銀座カラーの「美肌潤美(びはだじゅんび)」は、アリシアクリニックの皮膚科医ドクターと共同開発したオリジナルの保湿ケアです。

ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミドなどの6つの有効成分を、サロンの保湿マシンで高圧噴射。
このミストシャワーで肌に高い保湿効果を得ることができるオプションケアです。


美肌潤美


銀座カラーで契約しようと思っている人はこれはやってみたいですよね。
私も興味があったんでやりました!

細かい霧を照射部位に風圧で当てていきます。
さわやかな霧を当てていくイメージだったんですけど、実際はそこそこ勢いがあって、そして冷たい・・・。

特に冬は冷たい気がする。
空気に触れて冷たさが増すのかも。

店内はエアコンがあるけど、めちゃくちゃ暖かいという感じでもないから、若干冷たいなと思いました。

そして、みずみずしい肌をキープできるよう自宅でのお手入れ用に販売されているのが、「美肌潤美 ローション&フェイスパック」です。
美肌潤美ローションは、敏感肌の方でも安心して使える、とろみのある高保湿ローション。

美肌潤美フェイスパックは、サロンの美肌潤美に入っている6つの有効成分をそのまま含んでいます。
フェイスパックのパッケージは種類によって違い、どれも欲しくなる可愛いデザイン。


美肌潤美 ローション&フェイスパック


スタンダード1種・恋する肌シリーズ4種(ふんわりタイプ・もっちりタイプ・しっとりタイプ・すっきりタイプ)の全5種です。
美肌潤美ローション&フェイスパックは、サロンで販売されています。

使用した感じ、お肌に浸透する感じがかなりします。
しっとりするので、特に乾燥しやすい冬はかなり良さを感じました。

ジェイエステティックは【クリューベル】

ジェイエステティックの「クリューベル」は、ラインナップがバリエーションに富んでいます。
様々なコスメの他に、サプリメントや美顔器まで含んでいます。


クリューベル


実際にこれは買って、家でも使いました。
潤いがあっていいなと思い、購入したんですけど、ちょっとべたつきが強いかも・・・。

テスターとして使ったときはいい気がしたんだけど・・・、う〜ん。
肌への吸水率はすごいんだけど、乾燥肌以外の人は辞めておいたほうがいいかもです。

クリューベルには、薬用化粧品シリーズの「プラチナCLシリーズ」と、エイジングケアシリーズの「ゴールドEXシリーズ」があります。

プラチナCLシリーズのコスメは、美白や肌荒れ対策に有効な成分を厳選して配合した医薬部外品です。
また、ゴールドEXシリーズのコスメは、肌をしっかりと保湿してハリのある肌に導くよう、成分を配合しています。

クリューベルの一部は、楽天やアマゾンで販売されていますが、サロンのみでの販売のものもあります。
ちょっと、高いから今後も買うかと聞かれたら買わないかな・・・。

シースリーは【キラメキアフタークリーム】

サロンに通っていても、次回の予約日までに自宅でムダ毛の自己処理をすることもありますね。
シースリーのキラメキアフタークリームは、そんなムダ毛の自己処理の後に使うと高い効果を発揮します。


キラメキアフタークリーム


シースリーは通ったことが無いので、買ったことがないですが、エステ専門の商品ということで一応紹介しておきます。

このクリームは毛を柔らかくするので、シェービングで処理した後のチクチク感を軽減してくれるばかりか、抑毛の成分も含むので使うほどにムダ毛に悩まされにくくなるのが特徴です。

また、保湿効果も高く、肌のキメを整えて毛穴を目立ちにくくする効果もあります。
こんなに高い効果を実現するために、試作を重ねて完成に1年を費やしたキラメキアフタークリーム。

サロンで販売されていますが、会員のみの販売のようです。
残念ながら会員しか購入できない商品もありますが、こういったオリジナルコスメが買えるのもサロンに通う醍醐味と言えますね。

まとめ

こんな感じで三者三様の保湿方法だったので、参考になれば幸いです。
オーソドックスな感じはミュゼ、機械を使った保湿がいい人は銀座カラー、機械自体を冷たくしてできるだけリスクを下げたい人はJエステがいいのかなと思います。

保湿の観点から考えると銀座カラーが1番いいと思います。
ただ、値段が高いのでそこをどう受け取るかですね。


銀座カラーの保湿 評判


Jエステは保湿はいいのかもしれませんが、勧誘が嫌だったので、正直あんまりお勧めはできないかも。

ミュゼは可もなく不可もなくという感じでしょうか。
特に肌荒れを起こしたり、肌が腫れてしまったということもないので、ミュゼでも全然いいと思います。

この記事内で紹介されている脱毛サロン



ミュゼプラチナムのお得な予約方法について

今月はどのプランが安い?ミュゼプラチナムのキャンペーンをチェック!

ミュゼプラチナム

銀座カラーのお得な予約方法について

今月はどのプランが安い?銀座カラーのキャンペーンをチェック!

銀座カラー

Jエステのお得な予約方法について

今月はどのプランが安い?Jエステのキャンペーンをチェック!

Jエステ