エステ評価.net

銀座カラーのVIOラインは口コミでは痛みがあると聞いていたけど・・・【2019年8月更新】

銀座カラーを体験した証明となる写真を見せて下さい

銀座カラー 体験談 VIOライン口コミ

銀座カラーでVIOラインを受けると痛みがあるってホント?

銀座カラーのVIOライン脱毛は少し痛い、他脱毛サロンに比べるとピリッとした痛みがあるなど、痛みがあるという口コミも多いですが、実際に私もVIOライン脱毛をしてみました。


銀座カラー VIO 口コミ


結果痛みは、・・・・・・・ありましたね。

1回目のときなんて、早く終わってくれ〜とずっと思っていました。
VIOの中でも特に私はVラインが痛くて、IラインやOラインに比べると量も多く、面積も広いのが特に痛かった理由なのかもしれません。

脱毛時あまりにも痛くて体がビクってしたときもありました。ただ、2回目以降は慣れもあってか、痛みがだいたいイメージできることもあり、そこまで痛く感じませんでした。

VIOラインの脱毛は痛みも気になりますが、もちろん恥ずかしさもありました。


銀座カラー IラインやOライン


部位によって脱毛時の格好は異なりますが、上半身は着替えずに、下半身だけ着替えます。

Vライン・Iラインのときは専用のショーツを履いて、その上に専用のガウンを着ます。Oラインの時は何も履かないでその上に専用のガウンを着ます。

VIOラインすべて脱毛するときは、何も履かずに上にガウンを着ます。
このショーツというのが初めて履く人は驚くと思いますが、Tバックの前後逆バージョンのようなもので、細い紐が前にくるように履きます。

私も銀座カラーのショーツを初めて履いたときは、「前後の向きはこれで本当に合ってるの?」と疑うくらいに恥ずかしい格好だと思いました。


銀座カラー Tバック


最初は恥ずかしかったですが、スタッフは見慣れてる人が多いと思うので、通うたびに慣れていくものだと思いました。

銀座カラーのVIOライン脱毛のとき、そのショーツを履く以外にも恥ずかしいと思ったことがあります。
それは、Oライン脱毛のときにたまにスタッフが2人体制になることです。

銀座カラーでは基本的にVラインとIライン脱毛の2人体制はやっていないようですが、Oラインはたまに2人体制のときがあります。

Oラインは自己処理が難しい部位という理由でスタッフがシェービングサービスを行ってくれますが、2人体制のときに1人がお尻を開いておさえ、もう1人がシェービングしてくれるときもあって恥ずかしいな〜と思ったときもありました。


銀座カラー 自己処理が難しい部位


このときに必要なのは自分のシェーバーです。
銀座カラーはシェーバーを貸し出してくれません。
部位が部位だけに貸し借りはできないみたいです。

確かに、誰がどこに使ったのかもわからない電気シェーバーを、自分に使われるのは少し不安ですね・・・。
仮に除菌したとしても、何か感染したらお店の責任になっちゃうから、そういう方針(貸し出さない)なのかも。

銀座カラーでVIOラインの施術を詳しく教えて!

銀座カラーでデリケートゾーンの施術する場合、まずVラインの脱毛から始まります。
綺麗な三角形にしたいとか、形を自由に要望することができますが、いろいろと指定するのは恥ずかしいので全体のエリアを狭くする一般的な方法でお願いしました。


銀座カラー Vライン


Vラインは足の付け根部分のムダ毛チェックから始まります。
そしてショーツを軽くずらして照射していきます。

1回1回機械を当てていく感じです。
デリケートゾーン全部を施術する場合は、この段階では冷やさず、Iライン、Oラインを続けてやっちゃいます。

Vラインの時は足を軽く開く程度ですが、Iラインになるともっとガバっと足を開いて、粘膜以外の足の付け根の施術していく感じです。


銀座カラー Iライン


皮膚が薄く、過敏な場所なのでそんなにガンガン照射する感じはありませんでした。
1回1回お客さんに痛みなどを確認しながら、施術してくれます。
この部位が一番恥ずかしいかも。

完全に赤ちゃんが生まれてきますよ的なポーズになるので(笑)
ショーツをずらしながらの施術で、もはや何のために履いているのかよくわからないぐらいです。
Iラインは自己処理が難しいですが、フェイス用のシェーバーで事前にできるだけ剃っておくことが条件になっています。
そして最後はOライン

銀座カラーではヒップ奥と呼んでいます。
こちらは身体の背面になるので体勢を変えて施術していきます。
Oラインは自己処理不要です。
不要というか、おそらく1人ではどうしようもないと思うので。


銀座カラー Oライン


こういったデリケートな部分や施術箇所が狭いところは照射口の狭い機械を当てていくので、関係ないところまで照射して痛みを伴うという心配もないです。

痛いですが、施術部位が狭いのでデリケートゾーンの中で1番早く終わりました。
剃毛するのが難しいので、わさわさ生えている人は店員さんに剃ってもらうことになります。

かなり恥ずかしいですが、こんなことをみんな経験しているんだなと思いました。
デリケートゾーンの施術時間はせいぜい45分程度といったところ。

待ち時間、着替え、説明、予約確認など全て含めて早いときなら1時間掛からないぐらい。
掛かっても1時間程度といった感じです。

ちなみにミュゼだと着替えで更衣室が用意されているところもあるらしいです。


銀座カラー デリケートゾーンの施術


でも銀座カラーはそういった店舗はどこに行ってもありません。
デリケートゾーンの施術に関して更衣室ではなく、個室のベッドがあるところで着替えられるから安心です。

デリケートゾーンの施術で他の方が居る場所で着替えるのはちょっと気が引けますからね・・・。
そういう心配はないので大丈夫です。


 このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事内で紹介されている脱毛サロン


体験談を一覧で見たい方はこちら

銀座カラーのお得な予約方法について

今月はどのプランが安い?銀座カラーのキャンペーンをチェック!

銀座カラー

PAGE TOPへ