銀座カラー料金システムを簡単に説明!カウンセリング時の写真で紹介

銀座カラー料金システムを簡単に説明!カウンセリング時の写真で紹介


銀座カラーを体験した証明となる写真を見せて下さい。

銀座カラー料金システムを簡単に説明!カウンセリング時の写真で紹介

銀座カラー料金システムを簡単に説明!

脱毛サロンの中でも銀座カラーはホームページの料金システムが非常に分かりにくいです。
「月額料金」と書いてあって、毎月それだけ払えば、いつでもやめられるような錯覚に陥ってしまいます。

銀座カラーに通う場合は月額料金はまず考えないで、「コース総額で結局いくらかかるのか」を理解することが大切だと思います。

まずは下記の写真を見てください。


保湿ケアがついた場合の全身脱毛の料金表


これは保湿ケアがついた場合の全身脱毛の料金表です。

そして下記は保湿ケアがつかない場合の全身脱毛の料金表です。


保湿ケアがつかない場合の全身脱毛の料金表


銀座カラーの場合、保湿ケア付きの料金と、ケアがつかない料金の2パターンあるんですよ。

これはホームページには載っていない情報なので、行ってから知る人も多いと思います。
ちなみに全身脱毛以外でも保湿ケア有り無しを選べます。

実際、見比べてみるとわかりますが、同じ回数でもかなり料金が違いますよね。

数千円ぐらいの違いだったら保湿ケアをつけようかなという気になりますが、数万円単位で違うので、これだったらやめようかなと思う人も多いはず。

私もそうだったし・・・。
保湿ケアが無くてもクールダウンなど必要最低限のことをやってくれます。

ただ銀座カラー特有の保湿マシンは、他には無いのでちょっとやりたいなという人もいるかもしれません。

ちなみに銀座カラーの全身脱毛8回ないし、12回どちらを選択したとしても、思っていたより安くありませんでした。

これだったらキレイモや脱毛ラボのほうが安いです。
銀座カラーが安いと言えるのは脱毛し放題の場合だけ。

これだと1回あたりの料金も安くなるのでキレイモや脱毛ラボの単価より安くなります。

ちなみに脱毛ラボには、脱毛し放題プランがそもそもないです。

キレイモには脱毛し放題プランもありますが、銀座カラーよりはちょっとだけ高いので値段を重視するならキレイモより銀座カラーの方がいいかなと思いました。

ちなみに銀座カラーの方が安くなるのは、保湿ケアがないパターンの料金です。

保湿ケアがありの脱毛し放題だとキレイモの方が高くなっちゃいますよ。

ちなみに他の料金表もカウンセリングに行った時に写真で撮ったので紹介しておきますね。
こちらは全身ハーフ脱毛の保湿ありの場合の料金です。


全身ハーフ脱毛の保湿ありの場合の料金


そして下記が保湿がないパターンの全身ハーフ脱毛の料金表です。


全身ハーフ脱毛の保湿ナシの場合の料金


銀座カラーに行っておいてなんですが、普通に回数を決めて脱毛するなら銀座カラー以外がいいと思います。

もちろん料金が全てではありませんが、銀座カラーの店内のサービスや施設も際立っているわけではないので、それだったらキレイモや脱毛ラボで十分だと思います。

ちなみに私がカウンセリングに行った時は期間限定のキャンペーン料金も教えてくれました。

私は1度家に持ち帰って考えたいと、その場で言ったら料金表のコピーを渡してくれました。


銀座カラーの料金


銀座カラーはカウンセリングに行った時に必ず契約しなければいけないという緊迫感のある雰囲気も無いので、話しやすかったですね。

「もちろん契約してくださいよー」みたいな空気はありますけど(笑)

ちなみに銀座カラーの脱毛し放題は保湿有りプランを選んだとしても、永遠に保湿ケアをしてくれるわけではないです。

最大で20回分までと決まっているので、もし21回目からも保湿ケアをしてほしいという時は別途料金になります。


銀座カラーの料金


確か1回1,000円だったと思います。(契約内容によって違います。保湿単体だと5.000円)
なぜ20回までと決めているのかはわかりませんが、おそらく20回ぐらいやれば脱毛し放題といえども満足する人が多いから、来なくなるという人が多いということなのでしょう。

この記事内で紹介されている脱毛サロン


体験談を一覧で見たい方はこちら

銀座カラーのお得な予約方法について

今月はどのプランが安い?銀座カラーのキャンペーンをチェック!

銀座カラー